4歳

4歳男の子の事例

【いままで】
1歳半の検診で言葉が出ていなかったが、2歳半まで様子を見てそれでも言葉が増えず発達センター受診、自閉症スペクトラム症と診断されました。言語訓練として多くて月1ぐらいで不安だったので「こゑ」さんに通い始めました。「こゑ」さんに通う前は単語が増えてきていたところだったので、少しずつ文になっていきました。

【通所して】
最初の方は、先生の発声の声の大きさにびっくりしていましたが、発声練習をしていくうちに言葉がだんだんはっきり出てくるようになりました。最初は親子同伴で週2回通ってました。3歳の時は親がいることで少し安心している反面甘えも出てくる感じでしたが下の子ができてから1人でお世話になりました。本人が知らないはずの言葉や語彙がだんだん増えてきてすごくびっくりしています。毎回喜んで通ってくれて、二語文、三語文をいえるようになってくれました。

♪「こゑ」さんに通わせていただいて1年か2年になると思いますが、今までありがとうございました。
今までで気づいたことを書かせていただきます。親子同伴で通っている間はやっていることとか自分の子供がどうなってきたとかだいたいわかりますが、子供一人で通っているときとかに本人の達成度が先生からみてどうなのかなど面談がないので、先生からみて入ってからどのくらいのみたかの話をしていただけたら安心できると思います。年に1回でも個人面談があるとうれしかったです。♪

関連コラム