お知らせ

2019-11-29 14:36:00

ボランティア紙芝居大盛況

児童発達支援こゑは R1年11月24日(日)千葉県松戸市松戸新田116-6の

子供用品専門リサイクルショップSANTAで紙芝居を行いました。

参加者は一部・2部合わせて約30人以上が楽しい紙芝居を鑑賞しました。

終了後、とれたてのミカンが参加者にプレゼントされ、初めてみかんの枝からもぎ取る感触を味わいました。参加者には定期的にやっているのかなどの質問もあり、好評のうちに終了しました。

こゑは、今後も地域の子育て支援の活動をボランティアで行い、地域をあげた子育てに貢献したいと願っています。

 

サンタ紙芝居-1.jpeg

 

サンタ紙芝居-2.jpeg

 

サンタ紙芝居-3-1.jpg

 

2019-11-17 12:07:00

子育てボランテイア

ボランティア紙芝居

児童発達支援こゑは以下の通り紙芝居を行いますのでお気軽にご参加ください。

と き 11月24日(日)

ところ 千葉県松戸市松戸新田116-6 

    子供用品専門リサイクルショップSANTA

    Santa-l.com

    

1部・PM1時30分より2時まで

2部・PM2時30分から3時まで

 

○紙芝居を読む人 特定非営利活動法人わのこゑ 事務局長 大河津克範

            (児童発達支援こゑ 声育トレーナー・施設長)

 

○アンパンマン紙芝居を中心としたやなせたかし作品多数。

その他参加児童が楽しめる紙芝居

 

参加費無料

○santaのTwitterをリツイートするとその画面提示で当日ワゴン内のお洋服1枚プレゼント有ります。

○参加者には先着順でみかんの枝から直接みかんをもぎ取る体験ができます。

みかんがなくなり次第終了。

 

IMG_4932.jpeg

この枝の蜜柑をもぎとり体験します。

2019-11-17 12:01:00

第7回発声セミナーのご案内

いわゆる「グレーゾーン」の子は、全て会話できます。話せるようにならない子はいません!!

発声・発語・会話の訓練さえすれば話せる様になります。3歳までに話せる様になり、会話出来る様になって小学校へ行きましょう

 

定員10名の施設では12ヶ月以内で会話し、発達支援施設を卒業し健常児として幼稚園へ3名いきました。一番早く支援施設を卒業した子は6ヶ月で施設を利用する児童の全員が会話のプロセスを進んでいます。

 

特に「自閉症」と診断された子は話せるようになると非常に優れた能力を発揮します。

 

様々な障害と診断された子も0歳から訓練すると会話できます。

最重度の言語障害の子も会話しました。

 

ヘレンケラーを指導したサリバン先生が教えてくれた精神を思いおこしてください。

障害だから話せないと決め付けない!! 諦めてはいけない!! 

 

勘違いしないでください。障害があることと会話することは全く別の事柄です。

様々な障害だから話せないことはありません。

 

「いわゆるグレーゾーン」の子は、会話するための訓練をしないと一生喋れなくなったり、4〜6歳までに多動・行動障害がひどくなることがあります。会話訓練さえすれば約12ヶ月で会話でき能力を向上させることが出来ます。それは約一年の実績が証明しています。

 

お子さんの元気な声は未来の希望。秘めた会話能力を目覚めさせましょう!! 

セミナーでは会話する具体的訓練方法と教材・実践例を判り易く紹介します。

 

と き 令和元年12月15日(日)13:30〜15:30

ところ 松戸市小金原九丁目2-3 児童発達支援こゑ1F研修室 

駐車スベース8台分有り予約連絡の先着順 メール可

主 催 特定非営利活動法人わのこゑ 連絡先TEL 047-710-2223 

 

お問い合わせ・お申し込みはこちら

1