発語は遅くても話せない子はいない

子ども

あなたは障害と認定されたら「子育てに失望する」ご家族ではありませんか?
なぜご自分のお子さんに誇りが持てないのでしょうか?

話をして欲しいと思っても「何もできない」「何をしたら話せるようになるのかわからない」中には「話せない子として生まれてきたんだ」「将来は失望だ」と思うご家族の方もいらっしゃいます。

お子さんにしてみればそう思われること自体「不安と不信」を感じることになる事を理解してください。

お子さんはあなたの心を感じて成長するのです。

特に1歳児検診で「障害児」と診断され「療育手帳」をもらったお子さんはご家族も「話せないくても障害児だから仕方がない。」と思ったかもしれません。

2歳になっても会話できない。発語をしないお子さんのご家族は、近所の子は1歳ごろから元気に会話し、楽しく遊んでいるのを見ると「うちの子は・・・」どうして・・・話してくれないの。と思って暗くなるご家族がいるかもしれません。

そのうち喋るようになるだろうと甘い考えを持ってはいませんか。

1歳から発語がなければ心配してください。そして3歳までに会話させましょう。

障害児の診断はないものの「発語しない・話せない」ことが大きな不安になったことが、お子さん自身の心に伝わったとすれば・・・それがお子さんに「不安と不信」感を抱かせるのです。

多くのご家族に自信を持って子育てをしていただくために、そして「悲しい」現実を1日も早くなくするために一緒にお話をしましょう。

私どもが必ずお力になります。

関連記事